音吉のこと | 音吉顕彰会公式ホームページ

顕彰会
からの
お知らせ
会 員
募 集
ホーム 音吉のこと 音吉を取り巻く人々 音吉顕彰会 お問合せ

音吉顕彰会トップページ > 音吉のこと

音吉のこと

音吉ってどんなひと?

●日本人で初めてアメリカへ上陸
●日本人で初めてロンドンの土を踏む
●世界初の聖書和訳に協力
●中国において日本人漂流民の救済に尽力
●日英和親条約締結時のイギリス側通訳
●シンガポールに定住した日本人第1号
●日本人で初めて船で世界一周
●日本人で初めてイギリスへ帰化

Who was Otokichi?

The first Japanese who landed on American soil.
The first Japanese who walked in the streets of London.
Contributed to the first Japanese translation of the Bible.
Helped a dozen Japanese castaways in China to return home.
The interpreter for the British in the negotiation of Japan-Anglo Amity Treaty.
The first Japanese resident in Singapore.
The first Japanese who traveled around the world on vessel.
The first Japanese naturalized as a British citizen.
音吉(1817頃〜1867)
(山本。英名ジョン・M・オトソン John M. Ottoson)
愛知県知多郡美浜町小野浦生まれ。
天保3年(1832年)14歳で宝順丸(千五百石積)に乗り込み、遠州灘沖で遭難。
1年2か月の漂流の後、現在のアメリカ・ワシントン州ケープ・アラバへ漂着。
1844年 上海を中心としてイギリス系商社デント商会で活躍
1862年 シンガポールに定住
1864年 イギリスに帰化
1867年 シンガポールで死去
Otokichi (ca. 1817 - 1867)
Surname: Yamamoto
English name: John M. Ottoson
Birth place: Onoura, Mihama Town, Aichi Prefecture
1832: Otokichi goes on board a cargo ship the Hojun-maru as an apprentice sailor; The ship gets lost in a storm off Enshu-nada (present Shizuoka Prefecture).
1834: The Hojun-maru washes ashore at Cape Alava (present Washington State) after drifting in the Pacific for 14 months. Only 3 from a crew of 14 survive and are rescued by the Makah, a native American tribe.
1844: Otokichi works and shows high performance at a British trading firm Dent & Company in Shanghai, East and Southeast Asia.
1862: He settles in Singapore with his family.
1864: He is naturalized as a British citizen.
1867: He dies of illness in Singapore.
ホーム 音吉のこと 音吉を取り巻く人々 音吉顕彰会 お問合せ 顕彰会からのお知らせ 会員募集
このページのトップへ

Copyright © 2013 音吉顕彰会. All Right Reserved.